南森てんこもりライブ主催
京子バンド 藤崎京子さん


Na la solも日本一長い商店街も音楽に優しいです

大阪の天神橋筋商店街で「南森てんこもりライブ」を月イチで開催しています。毎回5〜7バンドが出演するイベントです。音楽の力でまちを賑やかにできればと思い、毎月続けています。2020年8月で100回を重ねました。商店街のご理解がないとできないことです。
でも、練習場所を見つけるのに苦労することが多いんですよ。ギターの人たちは家でも練習できるけれども、サックスやドラム、カホンの人たちは自宅で大きな音を出すのは厳しいです。となり近所に響きます。バンドの練習だとスタジオ代は割り勘できるけど、1人で楽器の練習をするなら、できるだけリーズナブルな練習スタジオがいいですよね。でも、そういうスタジオを探すのは大変で、スペース別にスタジオ検索ができる「Na la sol」は便利かも。登録スペースが増えると、もっと便利になりますね。
「南森てんこもりライブ」は商店街の路上でやっているので、もちろん無料。商店街を歩いている皆さんが観客です。路上なので、出演者は鍛えられます。何よりも商店街のバックアップが嬉しいです。おかげさまで他府県からでも出演希望の方がたくさんいます。
商店街も「Na la sol」も、音楽をバックアップして盛り上げてくれるという意味ではおなじ。音楽をもっと豊かなものにしてください。応援しています。
さまざまな地域貢献活動を行っている
中央区フィランソロピー懇談会(CFK) 石黒修さん


若いミュージシャンに活動の幅を広げてあげたい

ボクは、15年ほど前に「あまゆーず」という元保育士さんの女性デュオのミュージシャンに出会った。この出会いが、ボクがしている地域貢献活動に音楽の大切さを教えてくれた。音楽が人をつなぎ、つむぎあうことを・・。そして、このつながりをもっと拡げたい。同じ想いの若いミュージシャンに活動の幅を広げてあげたい。それには活動できる機会、場所が欲しい。そんな時に「Na la sol」に出会った。音は人をつなぐ・・素直な心でつながれる。このつながりを「Na la sol」でつむぐことができると思うなぁ。
さぁ、みんなで音ならそ。それぞれの想いの音ならそ。「Na la sol」でならそ!
地元・天満を中心に、いろんなジャンルのコーラスを指導
伊藤宏美さん


コロナの影響で、コーラス隊「ぐるっぽ菅北」と「北ローズエコー」の大阪市内の練習場所が借りられなくなったので、2つのグループを合体させて、扇町公園でフェイスシールドをつけて毎週1回1時間、休まず歌ってきました。メンバーはご高齢の方が多いです。このところ大阪の感染者が増加してきたので、残念ですが11月末からお休みにしています。
いろんな施設を訪問して、ボランティアで演奏している「MCA(私たちの好きなこと。イタリア語でマンジャーレ食べる、カンターレ歌う、アモーレ愛)」のメンバー構成は、社会人・主婦・学生などいろいろです。通常の練習は自宅を使用していますが、狭いので今の状況では練習すらできません。いつもボランティアで伺っている高齢者施設のスタッフさんから「誰も入られなくて話もできないし、入居者のみなさん、元気がなくて。。。」と何件か相談があったので、動画を見て聞いて一緒に歌っていただけるように、私たちが歌ってる動画DVDを春ぐらいまでに制作し、プレゼントしようと遠隔で録音編集をしようと頑張っています。
「ナラソ」ですが、音楽には必ず「音」が発生します。練習は、同じ箇所を何回も繰り返したりします。ご近所の方は不快に感じるかもしれませんね。演奏者としては思いっきり練習、演奏できる場所が必要です。
演奏者と場所をマッチングしてくれる「ナラソ」にすごく興味があり、すぐに会員になりワクワクして検索しました。借りられる場所やいろんな選択肢がたくさんあれば嬉しいし、「ナラソ」がもっと発展すると助かります。
ページ先頭へ戻る
読み込み中です